介護 夜勤

夜勤を介護でするには、3交代制が主流

病院で看護師が勤務すると通常3交替制と2交替制があります。

 

これは、3交替制が24時間を日勤・準夜勤・深夜勤の3つの時間帯で分けます。
この場合の夜勤がなかなか時間的にも精神的にも重くのしかかるため、看護師さんの転職が多いとも言われています。
最近では、介護士さんが夜勤もするのでその人間関係もなかなか大変なものだそうです。

 

ところで、3交代制の場合、日勤は8:00〜16:45、準夜勤は16:00〜 0:45、深夜勤は0:00〜8:45となるのが一般的なスタイルです。
重なっている部分があるのですが、この時間帯はいわゆる引き継ぎ時間ということです。

 

この変則的な時間は、人間の体のリズムと違うので、介護の仕事でも、夜勤だけは避けたい、ということもよく言われています。
しかし、半年もす れば3交替制に慣れるため、実は都合がいい、という方もかなりの数でいます。
それは、深夜勤明けはたいてい休みになるので、その時間をうまく使えるからです。
買い物や映画、脱毛にエステ、温泉に出かけた りする人もいます。

 

介護 夜勤するにあたっては、効率的に求人情報を得てから、仕事をするほうが自分自身を考えるにはいいことです。