医者 ドクター 転職

ドクターの転職と看護師転職

ドクターといえば、お医者さん。
このドクターと看護師とは切っても切れない関係にあります。

 

というのも、ドクターと看護師は双方とも転職が多い職業だからです。
ただ、開業医になるとドクターは転職?ってことが無いのでしょうね。

 

看護師として、転職活動で開業医の医院に面接に行くと、そこでは、院長兼ドクターとなりますね。
「思いやりのある人を募集します」という看護助手の応募で面接に行くと、「受付と医療事務ができる」と聞かれることがあります。

 

すぐに採用になると、院長が手のひらを返したように横柄になったりもします。
金のために働くんじゃない!って思っていると、なかなか難しいですね。

 

ドクターも怒鳴る人間は、人を治すより自分を直したほうがいいのかもしれません。
というより、そういうドクターは直せないと思います。

 

年金も国保もない開業医に看護師として就職するなら、仕事はしないほうがいいですね。
ドクター 転職もそういった原因があるのかもしれません。

 

やはり、こういう情報も看護師の求人サイトで事前にわかるといいですね。